News
色々な薬のケースを持っている医者

代表的な性病には梅毒やカンジダ・HIV・淋菌感染症などが上げられます。
また、性行為だけが原因ではありませんがB型肝炎やC型肝炎なども性病の一種とされることもあります。

梅毒の症状は、軽度であれば感染部位にしこりのようなものができるだけです。
この段階で治療を行えばそこまで怖いという病気ではありません。
中度の梅毒は全身の皮膚に赤い斑点のようなものができることを特徴とし、発熱や倦怠感といった症状がでます。
また、体毛も抜けてしまいます。
重度の場合は皮膚だけではなく脳内や内臓などの機能を低下させ、寝たきりになった後死に至ります。

カンジダは男性にとってはほぼ自覚症状はありません。
ただ女性はおりものが増加したり、局部の痛みをもたらすことがあります。
感染が判ればニゾラールクリームで治すことになります。
ニゾラールクリームはカンジダに関する真菌に効果がある薬です。

HIVは原因となるウイルスが感染してから2~3週間ほどで症状が現れだします。
下痢、発熱、リンパ節の腫れなどを主症状とします。
免疫力を低下させることで最終的にエイズとなり、身体の至るところに症状をもたらした後に死に至る病気です。
現在特効薬はなく、症状の進行を遅らせる薬が主体となっています。

淋菌感染症は、基本的には無症状ではありますが発熱や下腹部の痛みを起こすこともあります。
ただ無症状の場合には気づきにくく、後で男性の場合は前立腺炎を起こし女性は卵管炎を引き起こすほか不妊症の原因となってしまうこともあります。

B型肝炎は肝炎を発症しない限りは無症状ですが発症した場合は食欲不振や倦怠感、さらには黄疸なども起こします。
自然治癒することが多いですが劇症化することもまれにありますので注意を要します。
C型肝炎の症状は風邪に似ていますので症状が見過ごされやすいです。
進行すると肝硬変などの原因となります。

このように性病による症状は病気によって様々ですが、予防法としては規則正しい生活を送ることと正しい性行為を行うことが求められます。

記事一覧

性病は世界中で見られる病気です。 その国や風土、性行為のタイプによって性病の流行りや患者数は異なりま...

患者を診ている医者

WBCとは白血球のことです。 体内に何か感染が起こると、その感染を防御しようという働きでWBCの数が...

ウィルス

レビー小体病は認知症の一種です。 アルツハイマー病に次いで2番目にかかる確率が多い認知症で、認知症患...

悩んでいる男性

性病は、特定の症状で無い限りはきちんとした対応策をとることによって治療することができる病気です。 そ...

薬を飲む男性

性病とは性的接触によって感染してしまう病気のことをいいます。 元々は梅毒、淋病、軟性下疳、そけいリン...